READING

2018/2 シンポジウム登壇のお知らせ

2018/2 シンポジウム登壇のお知らせ

コミュニティと生きるオーケストラ
  7年間の被災地活動から見えてきたもの  

「被災地に音楽を」調査研究報告&シンポジウムに宮島達男が登壇します。
東日本大震災発生直後より音楽による支援を行い、この7年間で232回にも及ぶ活動をおこなってきた日本フィルハーモニー交響楽団。社会における音楽や芸術とコミュニティとの関わりについてプレゼンテーション、ディスカッションが行われます。
「被災地に音楽を」調査研究報告&シンポジウム
日時:2018年02月25日(日曜日)14時00分(13時20分開場)
会場:女子美術大学 110周年記念ホール(丸ノ内線 東高円寺駅下車)
出演者:阿部和代(南相馬市原町第一中学校教諭、吹奏楽部顧問)
ヤマザキミノリ(女子美術大学教授)
宮島達男(アーティスト、特別ゲスト)
太下義之(三菱UFJリサーチ&コンサルティング主席研究員)
マイケル・スペンサー(日本フィル コミュニケーション・ディレクター)
平井俊邦(日本フィルハーモニー交響楽団 理事長)

お申込み・お問い合わせ:
日本フィルハーモニー交響楽団 音楽の森
TEL:03-5378-6311 FAX:03-5378-6161
Email:musicforest@japanphil.or.jp
HP: www.japanphil.or.jp/concert/22222
申込期間:2月7日(水)~2月18日(日) ※定員80名
主催 文化庁/日本フィルハーモニー交響楽団
協力 女子美術大学

シンポジウム0205

詳細:PDF

INSTAGRAM
Take a peak inside the Artist's studio