READING

「時の海-東北」今後の構想について / Future Plans for Sea of Time-T...

「時の海-東北」今後の構想について / Future Plans for Sea of Time-TOHOKU

「時の海-東北」 今後の構想について

「時の海-東北」は、2017年7月から開催された「リボーンアート・フェステイバル2017」に参加、石巻、牡鹿半島地域に約二ヶ月間展示され、好評を博しました。

この作品には、先の東日本大震災の被災地の方々を中心に、300人の人々がワークショップに参加され、それぞれの想いを託し、時を刻むLEDカウンターのスピード設定をしました。また、参加者の作るLEDカウンターの費用を世界中の186人の人々がクラウドファウンドを通じてサポートしてくれたことも特徴になっていました。これは、アーティストの個人的思いを見せる、通常の「アート作品」というより、被災地域の人々とそれに寄り添う人々の想いが昇華し、東日本大震災で亡くなられた方々への鎮魂と復興への希望が見事に表現された場所になったと思います。
しかし、永く残してほしいという参加者の願いもむなしく、この作品は撤去されることになり次回はいつ、どこで見られるかはっきりしていません。なぜなら、作品が置かれる場所の問題と管理上の問題があるからです。

私は、今後もこの「時の海-東北」の参加者とサポーターの輪を少しずつ広げながら、「鎮魂と復興への希望」を全国へ、世界へ届けて行きたいと念願しています。
そして、設置場所は「被災した東北太平洋沿岸地域で、海が見える場所」というコンセプトは変えず、引き続き場所を提供していただけるよう様々な関係機関へ働きかけをしていきたいと考えています。
また、毎年ワークショップを実施し、被災された方々を集めていき、最終的には3000人の参加者を集めることを目標にしていきたいと考えています。
さらに、資金サポートという形でプロジェクトに参加してくれる人々を世界中から集め「東北応援団」を作っていきたい。そして、その基金で管理運営ができるようになれば、永く、人々が集える場所を作ることができるのではないかと考えているところです。

そして、今年10月からは森美術館の企画で「カタストロフと美術のちから」展で、この「時の海-東北」プロジェクトを紹介して応援してもらうことになりました。展覧会で多くの方々にこのプロジェクトを知ってもらい、より多くの人々の参加へのきっかけになればと思っています。
今後もプロジェクトの意味を知っていただくために、このような機会を通して、より多くの方々へ働きかけも行っていきたいと思います。

少しでもこのプロジェクトへ興味のある方は、下記よりメールマガジンへ登録し、応援よろしくお願いします。

2018年4月
宮島達男

→メルマガ登録

Future plans for Sea of Time-TOHOKU

“Sea of Time-TOHOKU” was exhibited at Oshika peninsula, Ishinomaki City, Japan for two months as a participating work of “Reborn-Art Festival 2017”, which took place through July to September 2017.

The work had 300 participants to “time-set” the LEDs. They were mainly among those who suffered the Great East Japan Earthquake which occurred in 2011. They chose the counting speeds of the each LEDs, putting their feelings and hope for the future. What was special about this work is that, 186 people all over the world supported the production fees for each of the LEDs through crowdfunding. The people of Tohoku and the supporter’s hope to connect with them have made a positive reaction; the feelings of repose of the souls, and hope for restoration was expressed magnificently.
Despite the participants wish to leave the work installed, it has already been removed, and since there are administrative/location problems, it is unclear where it will be installed the next time.
I hope to continue spreading the circle of participants/supporters of “Sea of Time-TOHOKU” and to deliver “repose of the souls, and hope for restoration” all over Japan and to the world.

The concept of installing this work somewhere facing the Pacific coast, in the disaster-stricken area of Tohoku, has not changed, and I will be appealing continuously to relevant organizations to gain a place to install this work. I am also planning to hold workshops every year and to call for participators who suffered from the disaster. My goal is to have 3,000 people to “time-set” the LEDs eventually, and to create “Tohoku Rooters”, with those who support the project financially. By using that fund to manage and run, we may be able to create a place that will last for a long time and where everyone can gather.

This October, “Sea of Time-TOHOKU” will be exhibited and introduced at a group show; Catastrophe and the Power of Art, at Mori Art Museum, Tokyo, Japan. I am hoping this would be an opportunity for more people to know and to be a part of this project. By using these opportunities, I will continue approaching people to know the meaning and the aim of this project. If you are interested, please sign up for “Sea of Time-TOHOKU” mail news from below.

April 2018
Tatsuo Miyajima

→Sign up for mail news


INSTAGRAM
Take a peak inside the Artist's studio