2017/2 展覧会情報- Exhibition-

宮島達男の春から夏にかけての展覧会・プロジェクトのご案内です。
SCAI THE BATHHOUSEではLED作品の新作を、Akio Nagasawa Galleryでは写真作品、そしてCAPSULEではドローイング作品を発表予定です。ぜひご注目ください。

「LIFE (complex system)」
 会期:2017年3月3日~4月22日
会場:SCAI THE BATHHOUSE
住所:東京都台東区谷中 6-1-23 柏湯跡
電話番号:03-3821-1144
開館時間:12:00~18:00
休館日:日月祝休
Website
「Relight Days 2017」
会期:2017年3月11日~3月13日
会場:六本木ヒルズけやき坂《Counter Void》前
住所:東京都港区六本木6-9
Website
「Counter Skin」
会期:2017年4月7日~5月28日
会場:Akio Nagasawa Gallery
住所:東京都中央区銀座4-9-5 銀昭ビル6F
電話番号:03-6264-3670
開館時間:11:00~19:00
休館日:月火休
Website

「Counting Drawing」
会期:2017年4月8日~5月21日
会場:CAPSULE
住所:東京都世田谷区池尻2-7-12 B1F
電話番号:03-6413-8055
開館時間:12:00~19:00
休館日:月〜金
Website


Latest Solo Show/Event Information of this Spring.

LIFE (complex system)
SCAI THE BATHHOUSE, 3 March – 22 April, 2017
Access: Kashiwayu-Ato, 6-1-23 Yanaka, Taito-ku, Tokyo
Tel: 03-3821-1144
Gallery hours: Tuesday – Saturday 12:00 – 18:00
Website

Relight Days 2017
Roppongi Hills, 11-13 March, 2017
Access: Counter Void, 6-9 Roppongi, Minato-ku, Tokyo
Website

Counter Skin
Akio Nagasawa Gallery, 7 April – 28 May, 2017
Access: Ginsho bldg.6F, 4-9-5 Ginza, Chuou-ku, Tokyo
Tel:03-6264-3670
Gallery Hours:Wednesday – Sunday 11:00~19:00
Website

Counting Drawing
CAPSULE,  8 April – 21 May, 2017
Access: B1F, 2 Chome-7-12 Ikejiri, Setagaya, Tokyo
Tel:03-6413-8055
Gallery Hours:Saturday and Sunday 12:00~19:00
Website

2016/ 11 シドニー現代美術館にて個展開催 – Solo Show at MCA Australia Opens –

南半球で初めての大規模個展がシドニー現代美術館で始まりました。
初期のLED作品からドローイング、パフォーマンス作品まで網羅された展示となっています。
宮島達男「コネクト・ウィズ・エブリシング」
2016年11月3日-2017年3月5日

Miyajima’s first major solo show in the southern hemisphere has opened from Nov.3. His iconic LED works to drawings and performance videos are exhibited until May.5, 2017.

TATSUO MIYAJIMA – Connect with Everything– 03 NOV – 05 MAR
2016-2017 Sydney International Art Series
learn more→

2016/8 展覧会情報 -Exhibitions-

Photo by Shigeo Anzai

Solo Show at MCA Australia: Tatsuo Miyajima-Connect with Everything  Nov.3,2016-Mar.5,2017

Miyajima’s first large scale solo show in the Southern Hemisphere; featuring early LED, drawings and performances to his latest works.

11月3日よりシドニー現代美術館にて宮島の個展が開催されます。初期作品から現在までのLED、ドローイング、パフォーマンス作品を網羅した展覧会となります。

→Visit Website

Solo Show at Kirishima Open-Air Museum (Japan) Oct.7-Dec.4,2016

Solo show at a beautiful museum surrounded by mountains. Introducing the video work “Counter Skin (Colors)” for the first time to the public. There will also be Miyajima’s iconic LED works.

10月7日より鹿児島県、霧島アートの森にて個展が開催されます。ここではLED作品に加えて、映像作品”Counter Skin(colors)”が初お披露目となります。自然がいっぱいの霧島にぜひ足をお運びください。

→Visit Website

 

2016/3 展覧会情報 – [Show]’Arrow of Time (Unfinished Life)’ at The Met Breuer, NY –

[展覧会情報]新作’Arrow of Time(Unfinished Life)’をニューヨーク・メトロポリタン美術館の分館、Met Breuerにて展示しております。

「「Arrow of Time (時間の矢)」とは、イギリスの天文学者 Arthur Stanley Eddington が提唱した「時間の不可逆性」を表した言葉。
「私の Counter Gadget (数字のLEDの表示器)は、1から9とカウントしていき、”0”は表示しない。これは、「人の命の時間」を示している。カウントしているときは「生」を”0”で暗闇になる時は「死」を表し、それが繰り返される。これは仏教でいう「輪廻転生」を示し、「永遠の生命」を表徴する。また、それぞれの Counter Gadget は全て、カウントするスピードが違っている。これは、違う人種、違う宗教、違う言語、違う皮膚の色、違う文化などを持つ、差異のあるあらゆる人々の命を表している。そして、それら全ての「命の時間」が宇宙から降り注ぐシャワーのように落ちてくるイメージでインスタレーションされる。
私は、この作品で、「不可逆的な時間のシャワー」の世界の中で、様々な差異のある人々が、今この時を共に生き、この地上で出会う「命のハーモニー」を、そのような奇跡の「今」を表現したかったのである。」

2016年3月
宮島達男

“Unfinished: Thoughts Left Visible”
2016年3月18日〜9月25日
Photo by Thomas B. Ling/ Image© The Metropolitan Museum of Art Photo by Thomas B. Ling
Image© The Metropolitan Museum of Art

Tatsuo is currently exhibiting his work at the show ‘Unfinished: Thoughts left Visible’ at The Met Breuer, NY.

His latest work ‘Arrow of Time (Unfinished Life)'(2016) is on view through September 25th.

“Arrow of Time” is a term developed by British astronomer Arthur Stanley Eddington to describe the irreversibility of time.
“In this work, the digital light-emitting diode (LED) counters, or ‘gadgets’ as I call them, count from 1 to 9, and represent the progressing time of a life. The counters never scroll to zero, as the number implies death: Instead, the light goes off for a moment. The counting then resumes in an endless cycle referring to Buddhist’s ‘Samsara’ (Metempsychosis), or eternal life. Through each counter gadget moving at a different speed, I portray the lives of individual people, with their differences in race, religion, language, skin colour, and culture.
In Arrow of Time (Unfinished Life) , I show these numbers as times of life showering down from the universe. I wish to express a vision of people of diverse backgrounds living together and interacting in this very moment, in the miraculous harmony that is life.”

March 2016
Tatsuo Miyajima

For more details→
“Unfinished: Thoughts Left Visible”
March 18-September 25, 2016