Relight Project リライトプロジェクト

Relight Project

Relight Project is an art project and platform to set up to generate dialogue among people from different walks of life, to figure out ways to, literally or symbolically, re-light the artwork, and to active the artwork as a device to question the role of art in wider society.

In 2011, to pay respect to the victims of the 3.11 disaster, artist Tatsuo MIYAJIMA turned off his public artwork entitled “Counter Void” whose subject and purpose is to question “life and death” and which had illuminated the Keyakizaka area of the Roppongi neighborhood of Tokyo. Since it was turned off at the request of the artist on March 13th, 2011, it has served as a memorial to the souls of the victims. Since then, it seems as though the unbearable feelings of those days following the Great East Japan earthquake disaster have faded from memory. There have been fewer and fewer people engaging in the recovery efforts in the devastated areas, and the country has moved forward as though the influence of the 3.11 disaster has completely passed.

Go to website

リライトプロジェクト

人間の「生と死」をテーマに作られた東京を代表するパブリックアート『Counter Void』は、東日本大震災の発生から2日後の3月13日、震災による犠牲者への鎮魂の意を込め、作者である宮島達男自身の手で消灯されました。

そして今。

一人ひとりの3.11に対する思いや記憶が移り変わる中、人々の心に問いと気付きを生み出すシンボルとして『Counter Void』を再点灯させると同時に、未来の生き方や人間のあり方を考えるプラットフォームを目指すプロジェクトです。

リライトプロジェクト公式サイト

Peace Shadow Project ピース・シャドウ・プロジェクト

Peace Shadow Projectは、「核なき世界」の実現を目指した、新しいアーテイステイックな署名(表現)活動です。主義も主張も違う人間一人ひとりが、各地で行われるワークショップやウェブサイトから、きちんと目に見えるかたちで、「核はいらない。」とのメッセージを発する。そのことで、世界に存在する25,000発以上の核兵器廃絶の大きなうねりにしていきたいと思っています。

みなさんから寄せられた署名(表現)は、世界各地の美術館や公共的な場所に展示され、核兵器がなくなるその日まで、永遠に「核のない世界へ」の声を発し続けることを計画しています。

 

Peace Shadow Project 実行委員会

代表:宮島達男

Peace Shadow Projectへ

Kaki Tree Project 「時の蘇生・柿の木プロジェクト」

The “Revive Time: Kaki Tree Project” is an art project through
which people can learn about peace and the importance of life.

kaki tree in Nagasaki miraculously survived the atomic bombing in 1945. The purpose of our project is to hand out saplings from the mother tree to children around the world and encourage them to express themselves through art with a theme of a kaki tree as they grow the saplings. Art cultivates the imagination to help us feel others’ pain and creativity to build a new world. It goes beyond borders, religion, race and even language, and helps us feel sympathy for each other. We have been carrying out the project around the globe for 20 years, and planted the seeds of art, the seeds of peace into the hearts of 30,000 children who have taken part.

Go to website→

ricomponiamo!
Ficulle, Italy[2015]

「時の蘇生・柿の木プロジェクト」は、
平和と命の大切さを学ぶアートプロジェクトです。

1945年、長崎で被爆しながらも奇跡的に生き残った一本の柿の木。
その母木から生まれた「被爆柿の木2世」の苗木を
世界中の子どもたちに手渡し、
柿の木をテーマにしたアート表現をしながら育ててもらうものです。
アートには他者の痛みを想像する力、
新しい世界を創造する力が宿っています。
それは国や宗教、人種や言葉さえも乗り越え共感を与えるもの。
私たちはこの活動を、20年にわたって世界中で続け、
参加してくれたのべ3万人の子どもたちの心の中に
アートの種、平和の種を蒔いているのです。

「時の蘇生・柿の木プロジェクト」ホームページへ