Category: News
News

2018/2 シンポジウム登壇のお知らせ

コミュニティと生きるオーケストラ   7年間の被災地活動から見えてきたもの   「被災地に音楽を」調査研究報告&シンポジウムに宮島達男が登壇します。 東日本大震災発生直後より音楽による支援を行い、この7年間で232回にも及ぶ活動をおこなってきた日本フィルハーモニー交響楽団。社会における音楽や芸術とコミュニティとの関わりについてプレゼンテーション、ディスカッションが行われます。 「被災地に音楽を」調査研究報告&シンポジウム 日時:2018年02月25日(日曜日)14時00分(13時20分開場) 会場:女子美術大学 110周年記念ホール(丸ノ内線 東高円寺駅下車) 出演者:阿部和代(南相馬市原町第一中学校教諭、吹奏楽部顧問) ヤマザキミノリ(女子美術大学教授) 宮島達男(アーティスト、特別ゲスト) 太下義之(三菱UFJリサーチ&コンサルティング主席研究員) マイケル・スペンサー(日本フィル コミュニケーション・ディレクター) 平井俊邦(日本フィルハーモニー交響楽団 理事長) お申込み・お問い合わせ: 日本フィルハーモニー交響楽団 音楽の森 TEL:03-5378-6311 FAX:03-5378-6161 Email:musicforest@japanphil.or.jp HP: www.japanphil.or.jp/concert/22222 申込期間:2月7日(水)~2月18日(日) ※定員80名 主催 文化庁/日本フィルハーモニー交響楽団 協力 女子美術大学 詳細:PDF..
News, Shows, upcoming exhibitions

2017/12 展覧会情報 -Upcoming Exhibition-

2017年12月16日(土)より豊川桜ケ丘ミュージアムにて開催 「Counter Skin 宮島達男ワークショップ報告展」のお知らせ これまでに様々な場所で開催をして参りましたCounter Skinのワークショップ。 今年5月にはアーティスト派遣事業の一環として、豊川市八南小学校の6年生96名、そして桜ケ丘ミュージアムでも一般の参加者に向けて行いました。 体にペイントされた数字を児童・参加者らが撮影、写真作品として展示されます。 また、宮島のLED作品<Opposite Circle>(1991)も同時に展示される予定です。 — 「Counter Skin 宮島達男ワークショップ報告展」 会期:平成29年12月16日(土曜)から平成30年1月20日(土曜) 休館日:毎週月曜日、12月29日(金曜)から1月3日(水曜)まで、ただし1月8日(月曜祝日)は開館 時間:午前9時から午後5時まで 入場料:無料 会場:豊川市桜ヶ丘ミュージアム1階 第5・6展示室 →豊川市HPへ..
News, Shows, upcoming exhibitions

2017/9 展覧会情報-Upcoming Exhibition-

  2017年9月16日より熊本市現代美術館にて開催される「開館15周年記念 誉のくまもと展」に参加します。 『開館15周年記念 誉のくまもと展』 会期:2017年9月16日(土)-11月26日(日) *休館日/ 開館時間につきましては美術館のウェブサイトをご確認ください →熊本現代美術館公式サイト ——————————————————- ◎オープニングアーティストトーク登壇のお知らせ オープニングアーティストトーク「写真で表現することについて」 日時:9月16日 14:00-15:30 登壇者:石内都、石川直樹、宮島達男 会場:ホームギャラリー 参加費:無料  ..
News, Projects, Sea of Time - Tohoku

2017/5「時の海-東北」ワークショップ開催のお知らせ

宮島達男による本プロジェクトについてのお話とタイム設定のワークショップを行います。 タイム設定とは、LED数字の9から1へのカウントスピードを決める作業です。秒数は10秒から299秒まで設定いただけます。実際に見本もお見せしながら行い、お年寄りからお子様までどなたでも簡単にできるものです。みなさまお誘い合わせの上ぜひご参加ください。 「時の海-東北」タイム設定ワークショップ ①日時:5月21日(日)10:30-14:30 ※終了しました 場所:イオンモール石巻2F、ハニーズ隣 ②日時:5月22日(月)10:30-15:30 場所:石巻市役所1階スーパー エスタ ※終了しました ③日時:6月17日(土)12:00-15:00 場所:JR利府駅前広場(こじか仙台キャラバン Stand by booksイベント内) *被災された方はこのプロジェクトへの参加は無料です。..
INSTAGRAM
Take a peak inside the Artist's studio