2016/6 Reborn-Art Festival×ap bank fes 2016

今年の夏、宮城県石巻で開催されるReborn-Art Festival ap bank fes 2016に宮島が参加します。音楽イベントを中心に、食やアートのワークショップも行われる盛りだくさんな三日間です。宮島はこのイベントに合わせて、現在計画している東日本大震災で「亡くなられた人々への鎮魂」と、あの「未曾有の大災害の記憶」を後世に伝え残すための作品、’Sea of Time for Tohoku’の模型展示を石巻市内鮎川おしかのれん街で行います。

また、期間中には宮島のトークとワークショップも予定をしております。

イベントの詳細は公式ホームページをご覧ください。

Reborn-Art Festival公式サイトへ

This summer, Tatsuo will participate in Reborn-Art Festival×ap bank fes 2016 in Miyagi prefecture, Japan. There will be live music events, special meals using local foods, and art workshops.  Tatsuo will show a maquette of ‘Sea of Time for Tohoku’, an installation he is planning to make for the repose to the souls of the victims of the Great East Japan Earthquake in March 2011, in Ishinomaki City.

please visit the official website for more info.

Reborn-Art Festival

Photo of Tohoku by Tatsuo
Photo of Tohoku by Tatsuo

Sea of Time-Tohoku 時の海-東北

「時の海-東北」 

このプロジェクトは、2011年に起きた東日本大震災で「亡くなられた人々への鎮魂」と、あの「未曾有の大災害の記憶」を後世に伝え残すため、また、未来への希望に繋げていくために実現したいと願っているものである。

東日本大震災で亡くなられた方は2015年現在、死者1万5890人、行方不明者2589人である。作品にはおよそ3000個のLEDを使用し、これら亡くなられた方々の「永遠の命の光」として展示したいと考えている。 “Sea of Time-Tohoku 時の海-東北”の続きを読む

2016/6 展覧会情報 – Solo Show at Kirishima Open-Air Museum –

今秋、宮島の個展が鹿児島県霧島アートの森で開催されます。体に数字のペイントを施した写真作品’Counter Painting’シリーズを中心とした展示になります。

宮島達男展(Tatsuo Miyajima Solo Show)
会期:10月7日-12月4日 (October 7-December 4)
場所:霧島アートの森(Kirishima Open-Air Museum)

Miyajima’s solo show at Kirishima Open-Air Museum (Kagoshima, Japan) to be open at October 7th. Photo works of painted numbers on bodies; ‘Counter Painting’ series will be exhibited mainly.

Kirishima Open-Air Museum visit website

Relight Project リライトプロジェクト

Relight Project

Relight Project is an art project and platform to set up to generate dialogue among people from different walks of life, to figure out ways to, literally or symbolically, re-light the artwork, and to active the artwork as a device to question the role of art in wider society.

In 2011, to pay respect to the victims of the 3.11 disaster, artist Tatsuo MIYAJIMA turned off his public artwork entitled “Counter Void” whose subject and purpose is to question “life and death” and which had illuminated the Keyakizaka area of the Roppongi neighborhood of Tokyo. Since it was turned off at the request of the artist on March 13th, 2011, it has served as a memorial to the souls of the victims. Since then, it seems as though the unbearable feelings of those days following the Great East Japan earthquake disaster have faded from memory. There have been fewer and fewer people engaging in the recovery efforts in the devastated areas, and the country has moved forward as though the influence of the 3.11 disaster has completely passed.

Go to website

リライトプロジェクト

人間の「生と死」をテーマに作られた東京を代表するパブリックアート『Counter Void』は、東日本大震災の発生から2日後の3月13日、震災による犠牲者への鎮魂の意を込め、作者である宮島達男自身の手で消灯されました。

そして今。

一人ひとりの3.11に対する思いや記憶が移り変わる中、人々の心に問いと気付きを生み出すシンボルとして『Counter Void』を再点灯させると同時に、未来の生き方や人間のあり方を考えるプラットフォームを目指すプロジェクトです。

リライトプロジェクト公式サイト